学歴も年齢も、ここでは関係ない。

NPD アソシエイト

蓮本 知佳

商業高校を卒業後、2013年4月にNPDに入社。当初は2年ほど社会人を経験したのち、美容系の専門学校に通う予定だったが、NPDでの仕事に予想外のやりがいを感じ、現在も新規物件の開拓などチャレンジを続けている。

駐車場って気持ちいい場所になれるんです。

高校卒業が迫った冬。卒業したら働こうと思っていた私は、偶然足を運んだ就活セミナーでNPDと出会いました。入社を決めた理由は人事の女性の方がとにかくかっこよかったから。綺麗な言葉遣い、説得力のある話し方、まさに私が目指したいキャリアウーマン像そのものでした。入社してから3年間は新大阪にあるホテルの駐車場で勤務をしていました。ここが非常に忙しい場所で、1日の車の出入り数が200台以上。先輩や後輩のメンバーとスニーカーで走り回りました。この仕事のやりがいは何と言ってもお客様とのコミュニケーション。お客様のお名前や車種を覚え、ときには髪型の変化にまで気づいてお声がけをすると、お客様もだんだんと私と会話をしてくれるようになるんです。駐車場ってどこか無機質なイメージがあるかもしれないですが、私たちは気持ちのよい挨拶とサービスでお客様を毎日お出迎えする。そこがNPDが駐車場で提供している一番の強みだと思います。

トラックの運転からお金の管理まで。
とにかく大きく任せてもらえる。

「蓮本、やってみーひん?」「了解です!」
3年目の後半、こんな軽めのやりとりから任されたのが、新規物件を責任者として運営するという、いわゆる新規開拓の案件。もちろん、まっさらな状況でした。まず、訪れてくれたお客様のお名前をイチから覚え直し、関係性を深め、チラシ配りを行うところからスタート。教育の面では、ホテルの駐車場での経験を活かし、まるでホテルのフロントのようなおもてなしをメンバーに指導しました。とても苦労したのが店舗のルールであるマニュアルづくり。高級車や大型車など多種多様な車がいらっしゃる中で、だれがどの車を運転していいなど、メンバーと議論を重ね、みんなが納得できるものをつくりあげました。また、人件費や売上の管理では商業高校時代の簿記の知識をフル活用。店舗の売上目標を達成することができました。私はNPDで働く中で、ここは高卒だろうが年齢が若かろうが、そんなことは関係ないということをよく感じます。自ら考え、積極的に動いた分だけ、チャンスを得ることができる。いまでは、私が就活セミナーにて、若手でも責任あることに挑戦できるNPDの魅力を語る機会をいただいているくらいです。いつか、あの憧れた人事の方のようになれるよう、営業や新規事業など新しいことにもどんどん挑戦して、NPDのいいところを体現していこうと思います。

BACKTOTOP

ENTRY

新卒採用 〉 その他採用及びお問い合わせ 〉