事業を起こす難しさを知った。
それ以上に、面白さを知った。

NPD コンプライアンス本部 IT部長

遠山 晶之

2008年、外資系コンサルティングファームに就職。数々の企業へのシステム導入、業務改革、新組織立ち上げ支援等のコンサルティングに従事。2014年NPD入社。社長室配属となり、複数の新規事業の立案等を経て、現職。IT部長として、グループ全体のIT化推進による事業の可視化・効率化に携わる。

事業を支える人から、事業を起こす人へ。

昔から漠然と起業したいと考えており、就職活動の際には、プロフェッショナルファームで幅広い経験を積むことができればと考え、コンサルティング会社に入社しました。マネジメント層から現場の最前線まで、様々な業種の方と濃密なコミュニケーションをとりながら仕事をしていく中で、今後どのような仕事を手掛けていきたいかを考えた時に、事業の立ち上げに主体的に携わることができるような環境に身を置きたいと考えるようになりました。そこで「事業会社であること、新規事業の創出に意欲が高いこと、自身が主体となって新規事業に関われること」という条件で頭に浮かんだのが、NPD。学生時代から存在を知っていて、少数精鋭でユニークな新規事業を生み出している印象がありましたし、常に変化し続けている企業だということを外から見て感じていて、自分との親和性が高いと感じました。入社後は、さっそく複数の新規事業の立ち上げや、プロジェクトマネジメントを任せてもらえることに。丸の内ヘルスケアラウンジの立ち上げや、経済産業省や複数のヘルスケア企業と協力して取り組んだ、ヘルスケア業界の新規ビジネスモデル創出事業のプロデュース。楽天様や複数のコインパーキング事業会社と提携して立ち上げた、コインパーキングの共通会員サービス等。新規事業の立案から実際の立ち上げまでのあらゆる仕事を短期間で実行していくことの難しさ・面白さの両方を体感することができました。どれも自分の想像の範囲を超える経験ばかりで、学ぶことが多く、今の自分の糧になっていると感じます。

今を全力で取り組まないのは、
今をないがしろにしているのと一緒。

現在は、IT部の部長として、ITを駆使した事業の効率化・見える化を推進しています。NPDが掲げる「100年・100社・100社長」という目標がありますが、それに向けてITを強化し、今後会社が拡大していく中で各事業の効率を高めたり、事業同士の連携を深めることができるような仕組みを構築することが、今の私のミッションです。日々の仕事の中で常に意識しているのは、自分がそこにいることで周囲にどう良い影響を与えるか、ということ。長期的・具体的な目標を持つことも大切ですが、その実現のためのベースにあるのは日々の充実にあると考えています。そういった行動指針を持つきっかけとなったのは、以前、社長の巽に言われた言葉です。「将来の目標や夢を考えすぎることで、今を全力投球で取り組めていないのなら、それは今をないがしろにしていることと一緒。自身の将来は日々の結果の積み重ね。毎日を精一杯頑張った積み重ねが、将来を創っていくから」。やるからには、成果にこだわり、目の前の人の期待に応えていく。そして、その積み重ねが、自身の目標の達成や、ひいては事業を通して社会にどう貢献していくかということに繋がっていくと思います。私自身も、今までNPDで培った経験を生かして事業のリーダーになり、世の中を盛り上げていけるような面白いビジネスを考えていきたいと思います。

BACKTOTOP

ENTRY

新卒採用 〉 その他採用及びお問い合わせ 〉