アジアの経済成長の中で、駐車場ビジネスにチャレンジしたい
アジアの経済成長の中で、駐車場ビジネスにチャレンジしたい

グローバル事業のサービス

日本での成功をもとに、
タイ、中国、韓国、インドネシア、台湾へ

「日本の都心のランドマークとなるような、主要なビルの駐車場を運営したい」。社長の巽が駐車場のサブリース事業をスタートした頃から、そんな目標を胸に抱いていました。一つひとつ物件を取得し結果を出す中で、目標としていた主要なビルの駐車場物件を取得することができ、アジアの国々への展開を目指すようになりました。経済成長率が著しい国は、ビルや車も増えるため、絶対に駐車場のニーズがあるはずです。そこで2010年頃、成長率3~10%を越えるASEANの加盟国を中心に調査を進めました。当時、シンガポールには私たちがターゲットとするような高層ビルがたくさんありましたが、都心部にはすでに日本と同じくらいの料金で駐車場を借りる人がいる状態です。そこで、グローバル展開の候補としたのは、今後数年で駐車場料金が数倍に成長する可能性のある国々でした。サブリース事業を行うには、経済成長のタイミングが重要なんです。2010年、タイに現地法人を設立し、約8年で延べ40物件以上を取得。そして、首都バンコクのランドマークとなる主要なビルの駐車場運営も獲得することができました。現在は中国、韓国、インドネシア、台湾にも現地法人があり、今後、フィリピン、ベトナム、ミャンマーなど、アジアの国々で更なる発展を目指していきます。

グローバル事業の取り組み

駐車場ビジネスを通して、アジア
国々から事故や渋滞を解消したい

川村:日本駐車場開発では、都心のビル内の駐車場のサブリース事業に注力してきましたが、日本最高峰のビルとして目標にしていたビルの駐車場物件を取得し、2005年に東証1部上場を果たすと、次の駐車場ビジネスの目標をアジアの国々への展開へと定めました。2010年にタイに現地法人を立ち上げた時、タイの駐車場は月額3000円程度。日本の1/10の基準です。今後数年で駐車場料金が数倍に成長する可能性のあるタイでチャレンジしてみたい。そんな想いから、初の現地法人を設立しました。海外で事業を展開するにあたっては、自身の思い入れのある国でなければ絶対に成功しないと思っているので、その国でやってみたいと思う人がいることを何より大切にしています。私もタイの温厚でのんびりした雰囲気が好きなので、最初にチャレンジするならタイでやってみたいと思いました。2018年現在、延べ40物件以上を取得しました。当初の予定からすると、かなり遅いペースです。日本でのノウハウを生かしてもう少し早いペースで進められると考えていたのですが、駐車場ビジネスはその国の経済発展と直結しており、またそれぞれの国に法規制もあります。想像以上に困難なことがたくさんありました。

川村:タイで駐車場事業をはじめた頃、「駐車場管理なんてもうやってるよ」と多くのビルオーナーは言いました。すでに駐車場があり、車の出入りもあり、警備員がいる。それ以上のニーズをもっていなかったんです。ビルのオーナーは運転手に車を運転させて玄関で降りるため、駐車場が汚れていたり、暗く危ない場所であることを知らないんですよね。当初の予想を越える困難さでしたが、ひとつずつプロジェクトを重ね、物件数を増やしてきました。その結果、多くの駐車場の売上を伸ばすことができたんです。海外での展開において、リスク管理等、必ず身につけないと行けない独特の感覚値があります。今後、タイや中国、インドネシアは、海外展開にむけた人材を輩出する拠点にしたいと考えています。また、タイではトヨタ自動車グループとともにバンコク中心部の渋滞解消プロジェクトにも取り組みました。郊外から中心部への車両流入を減少させるためのパーク&ライド用の駐車場を15カ所(2,794台)開設し、中心部の主要駐車場のリアルタイム満空情報をアプリで発信することで、目に見える結果を出すことができたんです。今後アジアの国々では、必ず駐車場が必要とされます。単に海外への事業展開としてだけではなく、その国の課題を解決するような事業にしたいですね。そして、数10年にはその国の歴史の教科書に載るかもしれない、という野望も密かにもっているんです(笑)。

駐車場の数はあるのに足りていない!?
元気に働く社員の笑顔が何よりの喜び

ジョン:韓国の首都、ソウルとその近郊では駐車場を巡って面白い現象が起きています。数字でみると車の台数に対して駐車場の台数の割合は130%。駐車場は足りているはずですよね。でも、足りない。最近では駐車場をオープンするビルとオーナーに政府から補助金が出るくらい、駐車場不足は社会的問題です。なぜでしょう。その理由は、閉まっている駐車場が多いからです。機械式駐車場にいたっては、5万2000機のうち、半分がソウルを中心とした首都圏にあり、その内半分が使われてないです。日本と同様、韓国でもビルを建てる時には規模に合わせて駐車場をつくらねばなりませんが、駐車場の利用者は駐車場にお金を払うことに抵抗感をもっているうえ、事故が起こるとオーナーは責任を取らなければなりません。機械式駐車場だとさらに電気代も人件費もかかるので、合理的に考えて、閉めてしまった方が得なんです。そこで、閉まっている駐車場を弊社が一括で借り上げて、きれいにして、前より納得のいく料金、前よりいいサービスで再オープンする。需要と供給のバランスを僕らが埋めている形になりますね。オーナーさんには一切損のない話なのですが、あまりに魅力的な話すぎて、逆になにか裏があるのではないかと勘ぐられてしまうこともあります(笑)。でも、これまでのサービスの質を見てきたオーナーさんは納得してくれます。

ジョン:私は高校生の時にアジア通貨危機の影響で高校を中退し、家もない、ご飯も食べられないという経験をしました。不動産ビジネスをやりたくて、絶対にできるという自信はあったんですけど、お金もないし学歴もない。環境が何一つ整っていなくてできないことが、悔しかったんです。だから、韓国に現地法人を立ち上げるとなった時、やりたい気持ちがある人にはちゃんと仕事を提供して、家庭をもって、親になれるようにしてあげたいという思いがありました。一坪だったオフィスが40坪になり、社員が1人から30人になって、来年には50人ぐらいになると思うんですが、みんなが元気で笑って仕事をしている姿をみると、やり甲斐を感じます。まだ会社規模が小さいので給料も私が振り込んでいるんですが、頑張った結果、年俸が上がった社員の給与を振り込む時が一番気持ちいいですね。これで月間の手取りが増えるから、彼女とデートに行けるだろうな、とか、親にプレゼントしてあげられるだろうな、とか。いずれ上場し、1000人ぐらいまで雇えるようになったら、お金が理由で勉強できない子供に仕事を用意して、大学に行けるような仕組みを作りたいと思っています。今の日本駐車場開発がまさにそのモデルです。でも、韓国は私にとってあくまで通過点。また別の先進国でも駐車場ビジネスを通して、困っている人の力になっていきたいと思っています。

台湾に貢献できる企業になりたい
日本で増やした“引き出し”を台湾で活かす

水本:2018年2月に現地法人を立ち上げた台湾には、大きな可能性があると考えています。台湾は国土が狭い上に人が都市部に集中している関係で台北では駐車場が慢性的に不足している現状があります。しかし、実は契約上は満車でも使える駐車場はあるのです。どういうことかというと、例えば100台の駐車場が契約で満車であっても、契約している車が24時間常に車を停めているわけではなく、朝、駐車場を利用するために来場する人もいれば、朝、別の場所へ行くために駐車場を出て行く人もいる。瞬間的に不稼働となる時間を活用すればさらに駐車台数の絶対数を増やすことができるというわけです。
私たちがその駐車場オペレーションを実現できればオーナーの収益は更に改善され、これまで駐車場が無く困っていた利用者へも新たに駐車スペースを供給できるようになる。更に都市部が抱える駐車場不足の解消にもつながり、弊社グループが経営理念に掲げるハッピートライアングルが出来上がります。
今は日々、駐車場が附設されているオフィスビルや商業施設を見ながら、日本での経験をもとに、何ができるか考えています。ビルオーナーが抱える悩みは様々ですが、オペレーションの改善や有効な設備投資をすることで台湾の駐車場はまだまだ良くなると思っています。
法人設立間もない今だからこそ、台湾の商習慣に必要以上にとらわれず、ビルオーナーやユーザーが抱える問題に向き合い、実績を積み重ねていきたいと考えています。海外での営業は困難の連続ですが、1回断られてももう1回アポイントを取る、一人に断られたら次は別の人にアポイントをとる。諦めずに粘り強くやっていく。今はそれだけですね。

台湾はとても親日な国ではありますが、ビジネスにおいても好意的に受け入れてもらえるかというとそうではありません。アジアの中でも台湾の駐車場市場はとても発展しており、駐車場を専業とする台湾企業もたくさんありますからね。
しかし、設立準備からこれまでの数ヵ月で現地の方にたくさん助けていただき、私自身、観光程度でしか来ることが無かった国でしたが、大好きになりました。
台湾には優秀な方がとても多いのですが、給与水準や狭い土地柄、海外に出て働こうとする方がたくさんいます。そんな志の高い人たちが弊社でスキルを磨き、日本へ行ってNPDグループの各会社で挑戦できる。
NPD台湾はそんな環境が作れる会社でありたいと思っています。
法人設立したこの国に貢献できる会社でありたい。そのためにはまず、台湾で1番の駐車場コンサルティング会社を目指し会社を成長させることが私の使命だと考えています。

※掲載情報は取材当時のものです。

PROFILE

NIPPON PARKING DEVELOPMENT
(THAILAND) CO., LTD.
PRESIDENT&CEO
川村 憲司

1991年日本駐車場開発入社。 商社勤務時代は鉄の輸出で世界中を飛び回り、 販売記録を更新するなど常に営業の最前線で活躍。 日本駐車場開発入社後は、持ち前の営業力で 新しいビルオーナーを開拓し、今の駐車場事業の地盤を作った。

NPD KOREA
代表取締役社長
鄭 弼圭(ジョン・ピルギュ)

韓国生まれ。日本の大学を卒業後、2010年日本駐車場開発入社。現場からエリアマネジメント、リーシング・新規営業を経て、2014年7月、NPD KOREA 代表取締役に就任。日本と同等の駐車場規模を持つ韓国の駐車場コンサルティング業界を舞台に事業展開を進めている。

NPD TAIWAN
代表取締役社長
水本 真也

2009年、新卒で日本駐車場開発に入社。営業を経験した後、港支社長、福岡支社長などを歴任。日本自動車サービス開発に出向して管理職として活躍した後、2018年2月、NPD TAIWANの代表取締役社長に抜擢。立ち上げ間もない会社を軌道に乗せるため奔走している。

関連する事業

  • 世の中の不稼働資産を活用して、
    すべての人が幸せになるビジネスを

    駐車場・不動産事業

    1991年からはじまった駐車場業界初のサブリース事業によって、日本駐車場開発は大きく成長してきました。そしてバレーサービスや洗車サービス等、現在も様々な付随サービスを生み出し続けています。2011年に都心のビジネスパーソンのための駐輪場併設ランナーサポート施設「Marunouchi Bike&Run」をスタートさせる等、今後は駐車場だけでなく、不動産という大きな枠組みの中で不稼動資産の活用を進めていきます。

    MORE
  • 帰国子女向け教育、カーシェアリングで、
    より良い未来をつくっていく

    教育・環境事業

    日本駐車場開発グループの教育・環境ビジネスは、現在、海外子女・帰国子女向けのオンライン家庭教師サービスを行うTCK Workshopとカーシェアリング事業を行う日本自動車サービスが担っています。TCKでは、グローバル化にともなって海外で教育を受ける子ども達に特化したサービスを、一方の日本自動車サービスでは、車離れが進み車の所有形態が変化する現代に合わせた事業を行っています。

    MORE
  • 関わるすべての人が幸せになる。
    そんな新規事業を生み出し続けていく

    新規事業

    駐車場ビジネスからはじまり、スキー場の再生や教育など、様々な新規事業を立ち上げてきた日本駐車場開発グループ。今後もヘルスケア施設やテーマパークの再生、農業、エネルギーなど、多様な分野でチャレンジを続けていきます。そのベースとなるのは、ハッピートライアングル。オーナー、ユーザー、社会の3つが正三角形を描くように、関わるすべての人がハッピーになるビジネスを手がけていきます。

    MORE