プレスリリース

中国上海で第1号物件「世博村J地区停車場」の運営を受注
~ 2011年12月1日より有人時間貸し駐車場の運営開始 ~

  • 中国上海で第1号物件「世博村J地区停車場」の運営を受注

2011年10月27日

20111027-1.jpg

  駐車場に関する総合コンサルティング企業、日本駐車場開発株式会社の中国現地法人邦駐(上海)停車場管理有限公司(董事長 兼 総経理 松尾秀昭)は、この度中国上海市の万博エリアにあるホテル附置駐車場の運営を上海東湖物業管理公司から受注し、121日より時間貸し駐車場の運営を開始します。

 

 世博村J地区停車場は、上海万博エリアに位置している3つのホテルの附置駐車場です。上海万博エリアは今後上海市政府が重点的に開発を予定しており、駐車場の必要性も高まっていくと思われます。また中国の駐車場は、ビル物業管理会社がビル管理の一環として駐車場を管理することが一般的であるなか、日本で培ったホスピタリティあふれるオペレーションサービスを提供し、駐車場だけでなく施設全体の付加価値向上に努めてまいります。更に、49車室ある既存の駐車スペースに加え、場内の有効スペースを最大限に活用し、効率的な運営且つ収益の最大化を図り、収益面においてもオーナーに還元していきます。

 

 契約先である上海東湖物業管理公司は、上海市政府系のホテルやビルの管理を多数行う上海市の有力企業であり、今後同社が手掛ける施設の駐車場運営について継続的な改善提案を行っていきたいと考えています。

 

 邦駐(上海)停車場管理有限公司は、これまで日本国内で培った細やかな駐車場サービスや運営ノウハウを活かし、中国での駐車場運営における収益改善や渋滞緩和、安全性やサービス強化する提案を行ってまいります。多くの利用者が、より便利に快適に施設を利用できるよう努力し、中国社会に貢献していきます。

 

20111027-2.jpg

【このリリースに関するお問い合わせは】

日本駐車場開発株式会社

広報担当 橋本

TEL 03-3218-1904 / FAX 03-3218-1901

このページの先頭へ