関わるすべての人が幸せになる。そんな新規事業を生み出し続けていく
関わるすべての人が幸せになる。そんな新規事業を生み出し続けていく

新規事業のサービス

ハッピートライアングルをベースに
継続して成長できる事業をつくる

日本駐車場開発グループは駐車場のコンサルティング事業からはじまり、スキー場の再生事業や教育事業など、これまでにいろんな事業を立ち上げてきました。そして、今後も新規事業をどんどん立ち上げていく予定です。多様な事業を立ち上げていく中で、私たちは「ハッピートライアングル」という経営理念を大切にしています。オーナー、ユーザー、社会の3つが正三角形を描くように、関わるすべての人がハッピーになるビジネスを、という考え方です。「そのビジネス、おもしろそうだね」となったら、まずはハッピートライアングルで考えてみる。この3つがバランス良く成り立たないと、継続して成長できる事業にはならないからです。逆に言えば、それ以外の制約はまったくありません。ハッピートライアングルが成り立つ事業なら、どんな領域にも果敢にチャレンジしたいと考えています。2016年5月には、遊園地事業、別荘事業と宿泊事業を手がける日本テーマパーク開発株式会社が発足。2017年11月には、2011年4月にスタートした「Marunouchi Bike&Run」、2015年3月スタートの「Marunouchi Healthcare Lounge」から新しく「日本からだ開発」も誕生しました。引き続き、更なる挑戦を続けていきます。

新規事業の取り組みについて

ヒト×サービスの領域で
チャレンジする仲間を増やしたい

小海:私は社長室の室長として、様々な事業の立ち上げに携わっています。現在準備を進めている事業のひとつに、ヘルスツーリズムがあります。ヘルスツーリズムとは、ヘルスケアと観光を融合させた取り組みのことです。政府方針の後押しもあって「健康経営」や「働き方改革」に注力する企業が増えています。その企業や個人のニーズにいち早く対応するための新サービスがヘルスツーリズムで、スキー場やテーマパーク周辺の森林環境を活用し、ココロとカラダを元気にするヘルスツーリズムの立ち上げ準備を進めています。一方、新規事業として始まった都心のビジネスパーソンを対象としたランナーサポート施設「Marunouchi Bike&Run」、ヘルスケア複合型施設「Marunouchi Healthcare Lounge」は2017年、日本からだ開発として独立しました。このように、新規事業が新会社へと着実に育っていっています。

小海:4象限マトリクスを使って、縦軸をヒト~モノ、横軸を技術~サービスとして分析すると、私たちがこれまで手がけてきた事業は、ヒト×サービスの領域がほとんど。この強みを活かし、新規事業を仕掛けていきたいと考えています。すでに農業事業やエネルギー事業に関しては、構想が進んでいます。現時点で、日本駐車場開発グループの社長は約20名。「世界100都市に展開し、100人の社長を輩出し、100年続く会社をつくる」という目標を掲げているのですが、まだ約80人分もの社長の席が空いています。ぜひ、チャレンジ精神のある方にきてもらいたいですね。日本駐車場開発グループで新規事業を立ち上げた人の多くは、「これがやりたい」と自ら手を挙げるところからスタートしています。やりたいという強い気持ちがなければ、新規事業は決してうまくいきません。既成概念にとらわれず、失敗をしてもチャレンジし続ける。そういうことをおもしろいと感じられる人がたくさん集まれば、日本駐車場開発グループはもっと成長できると思いますね。



遊園地も、街も、ペットフレンドリー
地方の観光地をテーマパークから活性化する

雪本:那須エリアのシンボリックなテーマパーク「那須ハイランドパーク」をさらに魅力ある遊園地にすることで、那須エリア全体の活性化に取り組んでいるのが日本テーマパーク開発です。現在はハイランドパークには年間約45万人の来場者がありますが、私たちが2016年に譲り受ける前のピーク時には年間100万人近くの来場者がありました。まずはその時の水準まで戻すことを目指していて、その1つの策としてペットフレンドリーな遊園地作りを進めています。もともと那須エリア全体がペットフレンドリーだったこともあり、ペット連れでの入園は可能だったのですが、ペットオーナーに喜んで使ってもらえるように観覧車やメリーゴーラウンドなどペットと乗れるアトラクションを4つに増やし、ドッグカフェ、ドッグランも整備しました。100頭規模で集まる犬種ごとのオーナー会を開いてパレードもしていますが、子供たちは動物が好きなので、オーナー様だけではなくお客様の満足にもつながっていると考えています。また、社会貢献活動の一つとして、捨てられたペットを殺処分から救うための里親活動も始めました。動物愛護団体に保護されたペットを預かり、園内の「SOSふれあい広場」を通じて里親を探し、引き取ってもらっています。さらに、ペット連れのお客様だけではなく、ファミリーのお客様にももっと来てもらいたいということで、6層建て巨大立体迷路や3Dシューティングゲーム、知育要素が高くかつ安全で、見ている親御様も楽しめる屋内アスレチック「NOBORUNGMA」など、日本最大級や日本初登場となるような目新しいアトラクションを投入しました。



雪本:2017年には、日本初の観光地域密着型の自転車プロチーム「那須ブラーゼン」のメインスポンサーになりました。いろいろな観光施設がスポンサーになっているのですが、ロードバイクを通して那須エリアを盛り上げたいという考え方に共感し、賛同したのです。スポンサーになったことで、周りの観光施設や地元の人たちの那須ハイランドパークに対する那須エリアを一緒に盛り上げたいとの気持ちをご理解いただいたと感じています。私は、テーマパーク開発の社長になる前の約10年間、スキー場開発に携わって来ましたが、地方の活性化という意味では那須ハイランドパークの取組みも似ているのかなと思います。その地域の中で、「地元の方にとっては身近すぎて気づいていないけれど、実はこんな素晴らしい観光資源があるよね」というところを見つけ出し、大きな売りにしていくことがやり甲斐の一つです。それを形にできたのが、那須の太くて大きな樹々を生かした日本最大級規模のアスレチック「NOZARU」ですね。都会では体験することが難しい地上10mからのアスレチックはなにものにも代え難い体験になると考えています。また、この2年で従業員からも新しいアイデアが出るようになり現場の改善意識も高まりつつあると感じています。マルチタスクを導入していろいろな部署を経験するようになったことでほかの部署への理解も高まり、社内の協力体制ができてきたと感じています。最初は1つのスキー場から始まったスキー場開発が、2018年には8つのスキー場を運営するようになりました。同じように、那須ハイランドパークから始まったテーマパーク開発が、いくつものテーマパークを活性化できるように成長していきたいと思っています。

※掲載情報は取材当時のものです。

PROFILE

日本駐車場開発株式会社
社長室 室長
小海 信哉

ベンチャーキャピタル勤務時代に日本駐車場開発と出会い、 2005年日本駐車場開発入社。人事部長として100人社長構想の 経営者候補の採用に注力。その後社長室長として、 カーシェアリング事業、ランナーステーション事業、 ヘルスケアラウンジ事業などの新規事業立ち上げを担当。

日本テーマパーク開発株式会社
代表取締役社長
雪本 智史

2003年新卒日本駐車場開発入社。2007年日本スキー場開発に入社し、 2010年(株)北志賀竜王(竜王スキーパーク)代表取締役社長に就任。 テーマパーク事業の立ち上げとともに、2016年日本テーマパーク開発社長就任。

関連する事業

  • 東日本最大級を誇る遊園地。開園から40年以上の老舗のテーマパークです。那須高原の大自然の中、絶叫系からお子様向けの10大コースターをはじめ、那須連山・関東平野を一望できるアトラクション等約40種が揃いその内の半数以上は小さなお子様でも楽しめ、季節毎に様々なキャラクターイベントも開催しているので家族で1日中楽しめます。

    MORE
  • 世の中の不稼働資産を活用して、
    すべての人が幸せになるビジネスを

    駐車場・不動産事業

    1991年からはじまった駐車場業界初のサブリース事業によって、日本駐車場開発は大きく成長してきました。そしてバレーサービスや洗車サービス等、現在も様々な付随サービスを生み出し続けています。2011年に都心のビジネスパーソンのための駐輪場併設ランナーサポート施設「Marunouchi Bike&Run」をスタートさせる等、今後は駐車場だけでなく、不動産という大きな枠組みの中で不稼動資産の活用を進めていきます。

    MORE
  • 地域創生、雇用創出など。
    スポーツ・健康を切り口に世の中に貢献する

    スポーツ・環境事業

    バブル崩壊後、衰退の一途をたどっていたスキー業界を立て直すためにはじめた、スキー場開発事業。スキー場の再生からスタートし、現在では地域の特産品のブランディング等、地域創成まで含めた事業を展開しています。また、都心の忙しいビジネスパーソン向けのヘルスケア施設「Marunouchi Healthcare Lounge」など、スポーツを軸にした事業へとさらに進化していきます。

    MORE
  • 帰国子女向け教育、カーシェアリングで、
    より良い未来をつくっていく

    教育・環境事業

    日本駐車場開発グループの教育・環境ビジネスは、現在、海外子女・帰国子女向けのオンライン家庭教師サービスを行うTCK Workshopとカーシェアリング事業を行う日本自動車サービスが担っています。TCKでは、グローバル化にともなって海外で教育を受ける子ども達に特化したサービスを、一方の日本自動車サービスでは、車離れが進み車の所有形態が変化する現代に合わせた事業を行っています。

    MORE
  • アジアの経済成長の中で、
    駐車場ビジネスにチャレンジしたい

    グローバル事業

    2010年、日本駐車場開発グループはタイに初の海外現地法人を設立しました。以降、ASEANの加盟国の中でも成長率3〜10%以上の国に焦点を当てて、グローバル化を進めてきました。駐車場ビジネスはその国の経済発展と直結しています。また、それぞれの国ごとに法規制が異なります。各国の状況に合わせた事業を展開するとともに、交通事故や渋滞の解消等、その国の課題を解決できるような事業を目指しています。

    MORE